[中学受験・塾・偏差値]中学受験のすすめ






中学受験関連の書籍を
検索する


[書籍・検索]首都圏・関東

[書籍・検索]関西

[書籍・検索]中部・東海

















日本初!メガネのレンズ専門店
メガネレンズ交換の専門店 
『れんず屋』 現在お使いのメガネフレームのレンズ交換致します。 








MOBILE
qrcode
CONTENTS
ARCHIVES
SEARCH 中学受験のすすめ
PROFILE
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Google

に追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
-->
RECENT COMMENT
LINKS
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM


<当サイトへのリンクについて>


「中学受験のすすめ」はリンクフリーです。特に管理人への連絡なども必要ありませんので、お好きなページへ自由にリンクしていただいて結構です。




管理人 E-mail










《中学受験・合格可能性シミュレーター》搭載!

「中学受験・合格可能性シミュレーター」は、受験生とその保護者の皆さま方に、志望校選択に役立つツールを提供するため、本サイトの管理人が企画・開発をしたWEBプログラムです。
受験生の偏差値を入力して、志望校を選ぶと、合格する可能性が何パーセントであるか表示される機能を搭載しています。
志望する中学が絞れていない方には、志望校を選択する一助として。また、すでに志望校を決定した方には、併願校選定の参考にしてください。


現在休止中です。申し訳ありません
[ 中学受験のすすめ TOP >> - >> スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 全国の偏差値 | サイト偏差値 | 内申点ランキング| - | | - | - |
[ 中学受験のすすめ TOP >> 偏差値と中学受験について >> 偏差値は万能にあらず、中学受験用模試の読み取り方 ]

偏差値は万能にあらず、中学受験用模試の読み取り方

 中学受験で学校を選ぶ際、大きな指標になるのが偏差値とそれを算出する模擬試験でしょう。
模試の結果が出るたび、偏差値のアップダウンに一喜一憂している保護者も多いでしょうが、決して偏差値は万能ではありません。偏差値と模試を正しく理解し利用してこそ、中学受験において重要な意味を持つといえます。
 大多数の中学受験を目指す児童が、本番までに何度か模擬試験を経験するでしょう。ですが、その結果の正しい読み取り方を理解した上で成績表を見ないと、結果にだけ振り回されることになります。
 まずは偏差値そのものについて説明します。
 偏差値とは、ある母集団の平均の数値を50とし、それを基準にどれだけ上回っているか、もしくは下回っているか、母集団における位置を示す数値です。
 通常、複数回行われる模試では、それぞれの回で、難易度にばらつきが出ます。もし、同じ実力の子が受け続けるとすると、そのたびに点数が違うことになります。
 易しくて、平均点の高い模試を受けたとすると、普段より高得点が出るでしょうし、当然その逆もあり得ます。ですが、実力は同じと仮定しているわけですから、この数値を元に「実力が伸びているまた、落ちている」と判断するのは早計といえます。
 そうした模試ごとの難易度の変動に影響されない指標が偏差値です。母集団における平均値からどれだけ上位に、あるいは下位に離れているかによって、集団における自分の位置、つまり実力がわかるのが「偏差値」です。
 首都圏の3大模試は、四谷大塚・日能研・首都圏模試センターが主催しています。また関西圏では五ッ木・駸々堂・関西日曜教室の模試などを多くの受験生か受けています。この偏差値の正しい活用には、まずは模試ごとの特徴を理解しておくことが大切です。
 母集団=受ける受験者層が首都圏の3大模試では異なり、ですから、数値の出方に特徴があります。
 四谷大塚、日能研では成績上位層の受験生か多く、首都圏模試センターはより幅広い層の受験生か受けています。そのため、偏差値ポイントは概して首都圏模試センターで高く出る傾向があります。一説によると、四谷大塚・日能研と、首都圏模試センターの模試では、ほぼ約5ポイント程度の開きがあり、四谷大塚、日能研で50の偏差値が出た場合、首都圏模試センターでは偏差値55程度に匹敵することになります。
 このように傾向の違いがあるため、偏差値データの読み取り方にも当然注意が必要となります。
 四谷大塚、日能研の各模試で、合格可能性80%の偏差値が55を超える難関校の場合は、両者には多くのデー夕があるので精度は高いと言えます。逆に50前後の中堅・中位校を受験する場合は、首都圏模試センターのデータがより信用か高いと言えるでしょう。
 ちなみに「合格可能性80%の偏差値」というのは、各模試では、偏差値で全体における受験生の位置、実力の度合いが測れますが、実際に受験する学校はそれぞれ入試難易度が違います。同じ偏差値でも、難易度の高い学校と低い学校とでは、受験生の合格の可能性が当然異なってきます。
 そこで、各学校に対して、この偏差値の受験生ならば、これだけの割合で合格すると、各模試では目安を出しています。それが、合格可能性偏差値で、だいたい合格可能性80%と50%を公表している模試が多いといえます。
 四谷大塚なら合格可能性80%偏差値、同50%偏差値がそれです。日能研では合格可能性80%の偏差値を「R4」、同じく50%を「R3」との名称で呼んでいます。
 「志望校合格のために必要な偏差値」とは、合格可能性が80%の偏差値のことを指してのことになります。
 さらに重要になるのは、その数値の出し方です。各模試では中学入試シーズン終了後に、「結果偏差値」というものを出しています。これは、各受験生の合格・不合格の結果を、アンケート調査をおこない、その結果を元に算出しています。ですので、その年の学校の難易度を知るためには精度が高い情報といえます。
 ですが、通常の模試の後に出される、学校の難易度を表す偏差値は、あくまでも予想偏差値となります。毎回、各模試の担当者が、志望者数の増減や、入試要項の変更などをにらんで、予想した数値を決めています。予想は外れる場合もないとはいえません。
 関係者によると、ある特定の中学校の入試結果を調べてみたところ、模試で合格可能性80%の偏差値をクリアしていた受験生の半数以上が不合格だった、という例もあるといいます。合格者の比率が50%を切っていたのです。
 合格可能性が80%といっても、それはあくまで統計上の話で、結果がその通りになるとは限りません。模試の出題範囲は限られており、得手・不得手の分野が出ることによって10ポイント程度のブレが生じるといえます。ですから偏差値の結果に一喜一憂するのは考えものであるということです。
 模擬試験を受験して、一番大切なのは、模試の答案用紙を見て、どの分野ができていて、どこができていなかったかをチェックし、弱点を洗い出し、どこを克服をすべきなのか理解することです。保護者も受験生本人もその辺りをきちんと見極めることこそが、中学受験を突破するのに重要なマインドといえるのではないでしょうか。

| 全国の偏差値 | サイト偏差値 | 内申点ランキング| 偏差値と中学受験について | | comments(0) | trackbacks(0) |
[ 中学受験のすすめ TOP >> 偏差値と中学受験について >> 偏差値に振り回されないようにする ]

偏差値に振り回されないようにする

 自分の偏差値が志望校の合格ラインを超えると「安全校」だと思ってしまう。模試で合格可能性が10%とでると諦めてしまう。これが数字の恐ろしさです。頭ではわかっていたとしても、実際に模試の結果がでると、このように思ってしまうかたが大勢います。
 これでは、本来の偏差値の意味をゆがめてしまうばかりか、偏差値という言葉をそのような意味でとらえていると、志望校選びにも悪影響を与えかねません。
 その学校に入ってなにをしたいのか、どのような学校生活を送りたいのか、また、その学校の何が自分に合っているのか、などを考えて志望校を決めるのが当たり前の話です。
 自分の偏差値が52だから、この学校を受験してみよう、などといった偏差値主体の安易な志望校選びでは、もし合格して入学したとしても、後悔を招くこともじゅうぶんありえます。
 しかし、偏差値が気になってしまうのも仕方の無いこととは思います。偏差値に振り回されないようにするためには、模試の成績が返ってきたら、自分の偏差値の意味を冷静に考えることが重要です。
 まずは、自分の適性や目的と合致する志望校を選定して、自分の偏差値から、その志望校の偏差値までの距離をはかり、これからの努力目標を具体的に描いていくことが大切なのです。
 偏差値の本来の意味からすれば、偏差値いくつの学校、という使い方や、偏差値いくつの受験生という言い方が正しい使われ方ではないといえます。偏差値は自分のその時点の位置を知るための指標であり、他の受験生との比較のためにあるのではありません。
目標とする志望校に入れる学力があるかどうかを判断するために偏差値を利用する。というのが正しいスタンスのはずです。
 偏差値の数字に一喜一憂するのではなく、中学受験に成功するためには、今、なにをすべきかを基準に考えてみてください。

| 全国の偏差値 | サイト偏差値 | 内申点ランキング| 偏差値と中学受験について | | comments(0) | trackbacks(0) |
[ 中学受験のすすめ TOP >> 偏差値と中学受験について >> 中学受験における偏差値とは ]

中学受験における偏差値とは

 高校入試に比べて、中学入試の偏差値は低くでるのが一般的です。これは、母集団のちがいによるものです。
 中学入試の受験率(小学6年生の人数に対する、中学受験生の割合)は、過去最高水準となった2008年度の首都圏で17%以上に達したとはいえ、高校入試はもちろん大学入試と比べてみても、中学入試はかぎられた母集団による入試だといえます。
 公立中学校の大半の生徒は高校受験をするわけですから、そのなかでの位置づけと、ほとんどの児童は受験をしないなかで中学入試をめざす6年生という集団のなかでの位置づけを比較すると、後者の方が、6年生全体のなかでは学力水準の高い集団の部分での位置づけということになるので、全体と比べて得点は上がりにくく、偏差値も低くでるわけです。
 したがって、高校入試や大学受験の偏差値と中学受験の偏差値を比較することは、まったく意味がありません。また、高校入試や大学入試でも、当日の調子によって、どの程度実力が発揮できるかはちがってきます。そして、その振れ幅は、中学入試においては非常に大きなものとなります。
 中学入試の受験生といっても、12歳くらいの小学6年生であることには変わりなく、当日の精神状態や体調の影響を強く受けるのは仕方のないことです。
 偏差値は、その仕組みと意味を正しく理解し、誤った使い方をしなければ、その時点での実力診断や志望校選定に役立つ指標です。
 偏差値というのは、「その試験を受験したとき」という一時点の「受験者全体のなかでのその受験生の位置」を数値化したものであり、学力そのもののレベルではありません。
 たまたま4科とも調子がよくその数値になった場合もあれば、逆にすべて不調の場合もあります。科目ごとに好不調がばらばらという時もあるでしょう。
 すなわち、偏差値はあくまで一時点の結果を数値化したものであることを理解し、実際の学力には幅があるのだということを頭に入れておいてください。
| 全国の偏差値 | サイト偏差値 | 内申点ランキング| 偏差値と中学受験について | | comments(0) | trackbacks(0) |

偏差値の基本的な知識

 「偏差値」の考え方について触れておきたいと思います。統計学から生まれた偏差値が、どのような仕組みで計算されるのか。模試の成績表などに印字された偏差値そのものを目にする機会は多いかと思いますが、偏差値の仕組みを理解しておくと、偏差値の意味をより理解しやすくなり、誤解も少なくなると思います。
 そもそも、学力を比較する目安として試験の得点ではなく偏差値を利用されるのはなぜでしょうか。
 たとえば、算数の得点が50点で、国語が70点だとしても、単純に得点だけの比較では、国語の方が成績がよかった、とはいえないからです。
 これは、同じテストでも、算数と国語では、テストの難易度が違う場合もあります。算数の問題は難しくて、良い得点を取る人が少なく、国語の問題は易しくて、良い得点を取る人が多かったときなどは、単純に算数と国語の得点だけで、学力のレベルを判断することはできません。
 また別のたとえとして、「100点満点のテス卜で60点はよい成績か」というものもあります。この質問に、単純に「よい成績だ」「悪い成績だ」とは答えられないでしょう。
 得点が同じ60点だとしても、平均点が40点の試験ならば比較的よい成績といえるでしょうし、平均点が80点の試験ならば、あまりよくない成績といえるでしょう。
 また、平均点が同じでも、受験者の得点のばらつきが異なると評価も異なります。たとえば、平均点が40点で受験者のほとんどが30点から50点の間に集中していて、60点以上はほとんどいないとなると、60点は非常に優秀な成績といえます。一方、平均点が40点でも、上は90点以上の受験者から下は30点未満の受験者までかなりばらつきがあるという試験では、60点は平均点を20点上回っているにもかかわらず、非常に優秀とはいえないことになります。
 そこで、一定数以上の母集団があることを前提に、受験者全体のなかでの位置づけを見るために使われるようになった指標が偏差値です。


偏差値は、通常、下の式にある計算式によって求められます。


 【偏差値を導き出す計算式】

  偏差値=(得点−平均点)÷標準偏差×10+50


 計算式にある「標準偏差」とは、母集団における数値の「散らばりの大きさ」を表すもので、集団が平均点の近くに集中しているとき、つまり散らばりが小さいときにはその値が小さくなります。
標準偏差は、通常、下のような方法によって求められます。


 【標準偏差を導き出す方法】

  1.全受験者の(得点−平均点)をそれぞれ算出する。
  2.1で算出した全受験者分の数値を各々二乗する。
  3.2の数値を全て合計して、受験者数で割り算をして、平均値を算出する。
  4.3で算出した平均値の平方根(ルート)をとったものが標準偏差となる。
    (要は、3で算出した数値を計算機に入力して、[√ ]ボタンを押すと、その数値が標準偏差)


 上の例でいえば、50点の平均点前後に集中している例では標準偏差は小さくなり、70点の偏差値が大きくなります。逆に、平均点から離れた点数の受験者が多い例では、標準偏差は大きくなり、70点の偏差値が小さくなります。
 偏差値に大きな影響を与えるのは母集団、すなわち受験者全体の学力レベルです。偏差値は、あくまでも「特定の母集団のなかでの位置づけ」をみるための指標ですから、ひとつの試験の自分の偏差値は、基本的には、その試験のなかでの数値という意味しか持ちません。
 それでも、中学入試の模試において、偏差値が上がった(または下がった)という推移にある程度の意味が見出せるのは、それぞれの母集団の変化が比較的少ないためです。
 また、偏差値の上限や下限についてですが、試験で0点をとったとしても、偏差値25くらい。満点でも偏差値75くらいになるのが一般的といわれています。
| 全国の偏差値 | サイト偏差値 | 内申点ランキング| 偏差値と中学受験について | | comments(0) | trackbacks(1) |
| 1/1PAGES |